【PR】本ページはプロモーションが含まれています。

竹島水族館へ行ってみたクチコミ!所要時間や混雑状況と写真は撮れる?駐車場情報も紹介!

愛知県蒲郡市にある竹島水族館へ行ってきました。とても楽しめたので皆さんにシェアーして是非訪れてほしいお出かけスポットの1つです。

竹島水族館がどんなところだったのかのクチコミと回る所要時間や混雑状況など、また記念に写真など撮影大丈夫なのかについてもご紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

竹島水族館基本情報

まずは竹島水族館の基本情報をご紹介します。

基本情報

住所愛知県蒲郡市竹島町1-6 
電話番号0533-68-2059
開館時間9:00~17:00(16:30までの入館)
休館日毎週火曜日(祝日の場合は翌日となります)
入館料大人500円、小・中学生200円、幼児3歳まで無料、4歳以上のお子様は大人1人につき1人無料
その他年間パスポートや割引あり。詳しくは公式HPから

駐車場情報

竹島水族館専用の駐車場はなく、周辺観光施設と共用となっています。といっても目の前や、道を挟んですぐのところにあります。

  • 水族館前駐車場:約40台(無料)
  • 竹島園地駐車場:約200台(平日無料)
    土、日、祝日、および4月27日から5月8日までは有料
    (4月、5月は500円それ以外の月は300円)
  • 大型バス駐車場:14台(無料) *普通車は駐車できません

竹島水族館撮影OKか?

水族館へ行ったら思い出としてだったり、こんな魚がいたー!とか写真に残しておきたいものですよね。

竹島水族館はなんと館内で写真をとることができます。しかもフラッシュまで使用可で薄暗い水族館でも綺麗に写真をとって保存することができますね。

こんな感じで手書きで撮影許可の張り紙がしてありました。フラッシュも大丈夫と書いてくれているので安心して写真を撮ることができますね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ペロリン
ペロリン

こういう手書きの張り紙は、印刷された張り紙より目が行くし、心温まるね。水族館スタッフ愛を感じられます。

お魚好きなお子さんやお友達と沢山写真をとって、後で振り返りながらまた話がもりあがりそうですね。

竹島水族館所要時間と混雑情報

竹島水族館の規模は大きくなくフロアーも1階のみなので所要時間としてはそんなにかかりません。ゆっくり回ってみて、おさわり体験や時間が合えばアシカショーなど見ても2時間あれば十分楽しめます。

ちょっとしたお出かけスポットとして最適なのではないでしょうか。

混雑状況については、筆者は夏休み中のお盆明けくらいに竹島水族館へ昼ちょっと前に到着しました。

館内は結構な人で賑わっていて、流れに沿って見ていかないとすごく混み合ってしまったり、水槽の近くで見れなかったりというくらい人が多かったです。

この辺りは少し空いていたのでカメラで雰囲気を撮影しました。人気の水槽はもっと混み合っていて、小さなお子さん連れはちょっと大変そうでしたね。

おそらく、土日祝日もこんな感じで混み合っていることが予想されます。

ワンっち
ワンっち

たくさん水槽が並んでいる感じなんだね。途中座るところもありそうだから、休憩しながらゆっくり見れるね。

竹島水族館へ行った感想とおすすめポイント

竹島水族館へ行った感想としては、アットホームな水族館だと感じました。日本でも有名で大きな水族館もたくさんあり、魅力的ですが、このアットホームな空間もとても心地よかったです。

規模は大きくないですが、魚の種類は豊富だなと感じました。

竹島水族館の楽しみ方のおすすめポイントをご紹介します。

①スタッフが書いた魚歴書

筆者が一番感動したのは、各水槽にもちろんどんな魚がいるのかは記載してあるのですが、なんといってもスタッフさんが手書きで書いた履歴書ならぬ魚歴書(ギョレキショ)がすごいんです。

ペロリン
ペロリン

これを見たらその魚のことがすごくよくわかるね!

そこに描かれている絵もとても忠実に描かれていて、水槽の中で探してもすぐ分かるくらい。そしてすべて手書きでお魚の特徴が書かれてあるので、すごくよく分かるし図鑑ではわからない情報など知ることができてお魚好きにはたまりませんね。

そして手書きなのでお子さんにも興味をひかれやすく、一緒に読んで実際の水槽で探して楽しめます。

ワンっち
ワンっち

この水槽にはどんな魚がいるっていう魚紹介も全部手書きのイラストで描かれているよ

竹島水族館のスタッフも水族館にいるお魚が大好きなんだなと愛を感じ感動しました。

竹島水族館へ行かれる方は是非このイラスト達をしっかり読んでみてくださいね。お魚知識アップしますよ!

②おさわり体験

竹島水族館には実際に魚やカニなどを触れるスポットがあります。小さなお子さんも体験ができるように台もあり、それに乗って水槽に手をいれることができます。

こんな感じでカニさんの水槽と、魚の水槽がありました。魚はサメもいたと思います。このおさわり体験は触れる魚が多少変わったりするようですね。

そして触ったあとはちゃんと手洗い場があるので安心です。

ワンっち
ワンっち

お魚やカニって図鑑や水槽越しで見ることはできてもなかなか触って体験できないので貴重ですよね。

③ショッピングを楽しもう

竹島水族館にはお土産ショップがあり、水族館ならではの商品がズラリ。子供達も目を光らせて商品を選んでいました。

ショップでは文房具からお菓子までいろいろと種類がありました。またオリジナルの金貨を作れる機会やガチャガチャもありました。

ちなみに筆者の子供達はカピバラのお腹がマグネットになっているやつと、サメのキーホルダーを購入しましたよ。

ペロリン
ペロリン

思い出の品に1つ買っていってはいかが?種類が結構あって子供達もかなり悩んでいたみたい。

④あしかショーを見よう

竹島水族館にはあしかさんがいて、1日に3回ほどあしかショーをやってくれます

ワンっち
ワンっち

あしかさんも気分や体調によってはショーができない時もあるみたいだね

今回は筆者家族は時間的に見れなかったけど、前回見に来たときはちょうど見れてあしかショーを楽しみました。あしかさんもとても愛嬌がよくて面白かったですよ。

観覧席もこじんまりしているのでどこからもしっかり見られそうですが、夏休みや休日には早めに席をとったほうがよさそうですね。

万が一あしかショーがみられなくても竹島水族館は十分に楽しめて満足できると思いますよ。

竹島水族館へ行ったらおすすめポイントを是非参考にして楽しんでくださいね。

まとめ

愛知県蒲郡市にある竹島水族館へ行った感想とおすすめポイントなどをご紹介しました。夏休み土日祝は大変賑わっていて人気のスポットのようです。規模は大きくないですがスタッフさんたちの工夫で手書きの魚歴書やイラストがいっぱいあって実際のお魚ももちろんのこと、そのイラストなどを見るのも楽しいです。

秋のお出かけに竹島水族館へ行ってみてはいかがでしょう?

最後までお読みいただきありがとうございました。